FuelPHPで設定しているエラーページ

 

エラーページのviewファイルは、

COREPATH/views/errors/production.php

↑のファイルを出力するかどうか、SET_ENVで制御してるのは

public static function exception_handler(\Exception $e)

↑のメソッド(fuel/core/classes/error.php)